どっち?ブライトエイジとアスタリフトホワイトの美白有効成分を比較

ブライトエイジとアスタリフトホワイトはシミ対策に人気の化粧品。

ブライトエイジとアスタリフトホワイトに入っている美白有効成分の違いをまとめました。

【美白有効成分を比較】

ブライトエイジ アスタリフトホワイト
有効成分 ・トラネキサム酸
化粧水・乳液状美容液・夜用クリームなどのラインナップに入っています
・アルブチン(化粧水・クリーム・エマルジョン)
・ビタミンC誘導体(美容液)
効果 メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ

【美白有効成分の特長】

トラネキサム酸 アルブチン ビタミンC誘導体
・第一三共が開発した成分
・美白効果と肌荒れを抑える抗炎症作用があります
・シミや肌荒れくすみなど年齢肌の同時ケアにおすすめ
・ブライトニング成分ハイドロキノンを加工した成分
・マイルドな使い心地
α-アルブチンが人気
・ビタミンCを加工した成分
・皮脂分泌抑制作用もあり
・シミ・テカリ・ニキビの同時ケアにおすすめの成分

※メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ

ブライトエイジとアスタリフトホワイトの美白有効成分

ブライトエイジの化粧水や乳液状美容液には美白有効成分「トラネキサム酸」が配合されています。

アスタリフトホワイトはラインナップによって美白有効成分「アルブチン」や「ビタミンC誘導体」が配合されています。

ここで、ブライトエイジとアスタリフトホワイトのラインナップの美白有効成分を詳しくみていきましょう。

ブライトエイジの美白有効成分トラネキサム酸

ブライトエイジには洗顔料やクレンジングから、化粧水・乳液状美容液などのラインナップがあります。

有効成分トラネキサム酸が入っているラインナップは以下の製品になります。

《トラネキサム酸配合のラインナップ》

  • ブライトエイジ化粧水
  • ブライトエイジ乳液状美容液
  • ブライトエイジ夜用クリーム
  • ブライトエイジCCクリーム
  • ブライトエイジフェイスマスク

ブライトエイジはシミや年齢肌をしっかりとケアするスキンケアシリーズ。

化粧水・乳液状美容液・夜用クリームから化粧下地CCクリームにトラネキサム酸を配合することで、安心感のあるシミ・年齢肌対策が可能になりました。

トラネキサム酸は「メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ」美白効果と肌荒れを防止する「抗炎症作用」があります。

美白成分には肌に合わない成分もあると思いますが、トラネキサム酸は肌荒れしやすい方に最適の美白有効成分だと思います。

ブライトエイジは薬局ドラッグストアにある?店舗情報

トラネキサム酸は第一三共が開発した成分

トラネキサム酸は第一三共が開発した成分になります。

トラネキサム酸は、はじめは抗炎症成分として医療用で使用されていました。

医療用で使用され始めたのが1965年ということですので、実績のある成分といえますね。

その後、医薬部外品の有効成分として「メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ」美白効果が認められました。

いまでは、いろいろな美白化粧品にトラネキサム酸は配合されています。

第一三共ヘルスケアのトータル美白ケアブランド「トランシーノシリーズ」にも、トラネキサム酸が使用されています。

トラネキサム酸をとても詳しく知っている第一三共ヘルスケアが開発した化粧品がブライトエイジです。

トラネキサム酸配合の美白化粧品はいろいろありますね。

どのトラネキサム酸配合の化粧品を使っていいのか迷ったときは、第一三共ヘルスケアのブライトエイジがおすすめですよ。

ブライトエイジのコスパ|化粧水と乳液状美容液でスキンケア

アスタリフトホワイトの2つの美白有効成分

アスタリフトホワイトはアスタリフトシリーズの美白ケアラインになります。

アスタリフトホワイトにも美白有効成分が配合されていますが、ラインナップによって配合されている美白有効成分が違います。

【アスタリフトホワイトの美白有効成分】

アルブチン ビタミンC誘導体
・ブライトローション
・クリーム
・エマルジョン
・ブライトニングマスク
のラインナップに配合されています
・エッセンスインフィルト(美容液)
に配合されています

美白有効成分ビタミンC誘導体とは

ビタミンC誘導体は、医薬部外品の有効成分として「メラニン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ」美白効果がある成分です。

有効成分ビタミンC誘導体配合の美白化粧品も多いですね。

アスタリフトホワイトでは、美容液のエッセンスフィルトにビタミンC誘導体が配合されています。

ビタミンC誘導体には「シミくすみ」にいいだけでなく、ニキビや毛穴にいい成分といわれています。

ですので、ビタミンC誘導体は、シミにきび毛穴の同時ケアにおすすめです。

一方、ビタミンC誘導体は皮脂分泌抑制作用がありますので、肌に合わないと肌が乾燥することがあります。

そのようなときは、美白有効成分トラネキサム酸配合のブライトエイジや、アルブチン配合の美白美容液を使うのがおすすめです。

美白有効成分アルブチンとは

アルブチンも医薬部外品の有効成分として「メラミン色素の生成を抑えシミそばかすを防ぐ」」美白効果のある成分です。

アスタリフトホワイトでは、化粧水・クリームなどのラインナップにアルブチンが配合されていました。

ブライトエイジとアスタリフトを比較|どっち

ブライトエイジとアスタリフトホワイトの美白有効成分を比較してきました。

ブライトエイジとアスタリフトホワイトには、それぞれに特徴のある美白有効成分が配合されています。

美白有効成分には合う合わないがありますし特徴も違いますので、

「ブライトエイジとアスタリフトホワイトはどっちがいいの?」

と思ったときは、気になる方からお試しするのがおすすめですよ。

ブライトエイジお試しはこちら

アスタリフトホワイトお試しはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする