Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドクターソワ美白|HQ-Cフラセラムの3つの成分とは|ハイドロキノン・シミ

引用:ドクターソワ公式サイト

ドクターソワアマランスのHQ-Cフラセラムは美白シミ対策向けの美容液。

HQ-Cフラセラムのどの成分が、美白シミに効果が期待できるのでしょうか?

この記事では、ドクターソワHQ-Cフラセラムの美白シミに効果が期待できる成分をご紹介する内容になっています。

HQ-Cフラセラムの3つの美白成分|ドクターソワアマランス

ドクターソワアマランスHQ-Cフラセラムの美白成分は、次の3つの成分になります。

HQ-Cフラセラムの美白成分

  • ハイドロキノン
  • ビタミンC
  • フラーレン

ハイドロキノンの働きとは

ハイドロキノンとは、シミの原因になっているメラニン色素の生成を抑える作用や分解する作用がある成分です。

ハイドロキノンのメラニン色素の生成を抑える作用は、美白成分といわれている成分の中でも特に高いといわれています。

ですので、シミ対策用の化粧品にはハイドロキノンが配合されていることが多いのですね。

ハイドロキノンはとても美白作用が強いのですが、紫外線に当たると構造が壊れてしまうことがあるそうです。

ですので、ハイドロキノンは紫外線が当たる日中は使用できず、夜間のみの使用になります。

HQ-Cフラセラムもハイドロキノンが配合されていますので、夜用美容液になっていました。

ビタミンCの働きとは

ビタミンCは美肌のビタミンといわれているように、色々な美肌作用があります。

色々な美肌作用があるビタミンCですが、ビタミンCには美白作用もありました。

ビタミンCの美白作用とは、「メラニン色素の生成を抑えてしみそばかすを防ぐ働き」のこと。

ビタミンCをお肌に補給することによって、予防的にシミを防ぐ効果が期待できるのですね。

ちなみに、ビタミンCにはコラーゲン生成作用や抗酸化作用もあります。

ですので、ビタミンCには美白作用だけでなく、お肌の弾力アップや老化防止効果も期待できるのです。

フラーレンの働きとは

フラーレンは炭素がつながった環状の物質で、活性酸素の働きを抑える抗酸化作用があります。

活性酸素は紫外線などの影響によりお肌に発生するといわれていますが、活性酸素はお肌のシミの原因になるメラニン色素の生成を促す働きがあります。

ですので、シミを防ぐためには活性酸素の働きを抑える必要があるのですね。

フラーレンには活性酸素の働きを抑える抗酸化作用がありますので、フラーレンにも美白効果が期待できることが分かりました。

HQ-Cフラセラムの美白作用|ドクターソワアマランス

ドクターソワアマランスHQ-Cフラセラムの美白成分についてご紹介してきました。

HQ-Cフラセラムには、3つの美白作用がある成分ハイドロキノン・ビタミンC・フラーレンが配合されていることが分かりましたね。

ドクターソワアマランスには、HQ-Cフラセラム以外にも美白効果が期待できる美容液もあります。

シミや美白が気になるときには、お肌に合う化粧品を使うように心がけて行きましょう。

ドクターソワモイストリフトプリュスセラムの口コミはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする